株式会社エスティーエム

製品情報PRODUCTS

  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. CCCFP法 自動引火点試験器

CCCFP法 自動引火点試験器ERAFLASHASTM D6450/D7094eralytics社

1ml (ASTM D6450) または2ml (ASTM D7094) の少量サンプルで引火点の測定を行い、わずか3~10分で試験結果が得られる自動引火点測定器です。専用試料カップにより、引火点の測定が完全密閉で行われるため、裸火や引火炎が露出することなく、最も安全に引火点試験を行える装置です。

独自開発のペルチェ・ブースト・テクノロジーの採用で、電源接続のみで 0℃から引火点の測定が簡単に行えます。さらに、冷水循環を行うことで-25℃からの測定にも対応します。高温仕様のオプションを搭載することで、1台の装置で -25~420℃までの引火点測定をカバーします。別途、低温仕様の準備もあり、-40 ~ 120 °C の測定範囲も対応します。
高温のサンプル測定時においても、測定後のサンプル冷却を迅速に行うため、全体の操作時間を大幅に削減します。

ペンスキーマルテンス密閉法引火点試験 (ASTM D93、JIS K2265-3) との比較がASTMによって国際的な照合試験で行われ、統計的なバイアスが示されず、CCCFP法は互換性があることが証明されました。

追加オプションとして小型密度試験器「ERADENS XS」を接続することで、引火点と密度の試験結果を管理することが可能になりました。

8.4インチタッチスクリーンにより、直感的な操作性と試験状態の視認可を実現。コンパクト設計により場所を選ばず測定可能な画期的な引火点試験器です。

製品詳細

準拠規格 ASTM D6450/D7094
相関規格 ASTM D56/D93/D3828、JIS K2265-1/2/3、ISO 2719  (相関プログラムによりにより試験結果を算出)
測定範囲

標準モデル ERAFLASH
0~200℃

通常モデル+高温仕様
0~420℃

※ 通常モデルでは、外部冷水循環器による冷水循環を行うことで、-25℃からの測定が可能
※ 冷水循環を行わない場合の下限温度は0℃になります。

 

低温モデル ERAFLASH LT
-40~120℃

※ 0℃以下の測定では外部冷水循環器による冷水循環が必要

温度制御 ペルチェ・ブースト・テクノロジーによる高速加熱・冷却システム
温度平衡精度 0.1℃
測定時間 約3~10分
引火検知方法 密閉式カップでの引火による圧力上昇検出
試料容量 ASTM D6450:1ml
ASTM D7094:2ml
測定制御 タッチパネル式ディスプレイによる操作 (8.4インチ)
データ保存 内蔵メモリ100,000データ
インターフェース イーサネット、USBポート x 4、RS232C x 1 
言語 日本語表示対応
オプション 12VDC/8A カーバッテリ用接続コネクタ
電源 AC100V 50/60Hz 1.5A
寸法・重量 240 (W) × 350 (D) × 340 (H) mm、9.7kg

 

ERAFLASH 紹介動画

ERAFLASH 操作説明動画